« Armadilo500FX + thttpd + Lazarus fpWebでWeb開発(9) | Main | Armadillo-500FX Debian lennyを動かす2(Lazarus編1) »

February 22, 2011

Armadillo-500FX Debian lennyを動かす1(500FX編)

更新が一ヶ月ぶりになってしまいましたね。実は此処1月ずっと取り組んでたことがありまして、充分では無いですがその結果を数回に渡ってアップしていきます。

さて、何取り組んでいたかというと、Armadillo-500FX+Lazarusのlenny対応です。

先月、アットマークテクノから待望のDebian lennyにする方法がアップされました。

Armadillo-500 FX 液晶モデルでDebian lennyを使う

この手順によって、Armadillo-500FXでDebian lennyが使えるようになります。
とはいえ、このままではアプリケーションを作成/運用するには色々と調整が必要です。また、クロスコンパイル環境もetchからlenny用に切り替えなくてはなりません。

lennyの場合はATDE-3を使用します。また、lazarusもlenny用に環境を切り替え、ライブラリ、コンポーネント等を全てeabiに切り替える必要があります。

これから、数回に渡って次のようなアプリケーションをArmadillo-500FX(Debian lenny)で動かしてみます。

アプリケーション:
 気象庁の気象データを取り込み、500FX内のデータベースサーバに取り込んで、それをグラフ表示する。

評価した機能等:
 Debian lenny, GTK2, Firebird2,0 Sever&Client, GDB, 日本語フォント, image magick, lazarusクロスコンパイル, Indyコンポーネント, TaChartコンポーネント, DBコンポーネント等。

500FXで実行したスクリーンショット:
(Image Magickの import -window root xxx.pngでとった物で、原寸サイズです)

Region



Table

Graph_2


« Armadilo500FX + thttpd + Lazarus fpWebでWeb開発(9) | Main | Armadillo-500FX Debian lennyを動かす2(Lazarus編1) »

Comments

お、これはいいなー
これならPCいらないですねー

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51554/50939272

Listed below are links to weblogs that reference Armadillo-500FX Debian lennyを動かす1(500FX編):

« Armadilo500FX + thttpd + Lazarus fpWebでWeb開発(9) | Main | Armadillo-500FX Debian lennyを動かす2(Lazarus編1) »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

大規模災害に備える

他のアカウント

無料ブログはココログ

Recent Trackbacks