避難所管理アプリケーション

May 27, 2011

大規模災害時復興支援ITシステムのプロトタイプ開発

 突然のタイトルでびっくりされたかもしれませんね。

 このブログから、リンクされてるもうひとつのブログを覗かれた人はもうご存知だと思います。

 「大規模災害時復興支援ITシステム」についての詳細はそちらを参照してください。

 それで、このシステムの中で重要な避難所管理アプリケーションのプロト開発について、こちらのブログのほうで記事をその都度あげて行きたいと思います。

 向こうのブログで説明してありますが、プロトタイプ開発にはFirebird、Lazarusを使います。どちらも、生まれ変わるという意味のある言葉ですので、語呂も良いですし。それに、小さいシステムなら、ノートPCにインストールせずにUSBメモリ上で稼動させたりすることも出来ますし、サーバ部分でしたら電力を使うノートPCでなく、Armadilloのような組込み用のLinuxマシンも採用可能です。(Firebird,LazarusはLinux/ARMでも使用できます) 
 それと重要なのが、災害時に自由にインストールできること、場合によっては現場でソースを修正できるよう開発環境もフリーであることです。

 今はなかなか、開発するための資金援助が集まらないため、亀のような遅いスピードかもしれませんが、少しずつ各段階におけるソース等も公開していきたいと思います。これからFirebird+Lazarusを使ったシステム開発の参考になれば幸いです。

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

大規模災害に備える

他のアカウント

無料ブログはココログ

Recent Trackbacks